利酒師であり、マクロビオティックインストラクターでもある店長がおすすめする
◆祥香の“お酒”いろいろ◆
ページの最後に、酒の肴アルバムあります、ご笑覧くださいませ!!
あなたは、「酒と肴スタイル派」それとも「食前/食中/食後酒スタイル派」
       当店では、「 陰陽の組み合わせで楽しむお酒の嗜み」を紹介しております。
            利酒師でありマクロビオティックインストラクターでもある当店ならではの視点で新たな世界へ旅をしてみませんか?
  「今日は蕎麦屋で“おばんざい”」 
トップページへ戻る
↓お品書き
 ◆冷たいつゆのそば・うどん  ◆天麩羅・一品  ◆甘味・デザート
 ◆温かいつゆそば・うどん  ◆お酒各種  ◆おまかせコース・そば会席
 ◆スープつけ麺のそば・うどん  ◆ソフトドリンク  ◆団体予約のメニュー
 ◆◆◆◆◆◆◆“利酒アドバイザー”そばきり祥香の「楽しいお酒を嗜むためのイロハニホヘト」◆◆◆◆◆◆◆

当店では、家庭では味わえないお酒のひと時を楽しんで頂くため幅広くドリンクを取りそろえております。

勤勉(すぎる?)日本人は、「楽しむ」ということがまだまだ不十分なのかもしれません。当店へご来店くださる海外からの多くのお客様はいろんな国々から来ていますが、
いろんなお酒を楽しんだり自国のことについて誇らしげに紹介してくれたりもします。

このコーナーでは、お酒の文化・歴史・製造製法・楽しみ方などを少しずつ紹介していけるようにおもしろ納得な情報を追加していきますので是非またこのページにいらしてくださいね!?


◆食前酒・食中酒・食後酒の深ーいお話◆


●家庭より一歩進んだお酒の楽しみと談笑のひとときを● 
…日本ではなじみの薄い食事前後のお酒は、ダイニングの会話を弾ませます…
    
      食前酒と食後酒は日本では省かれがちですが、西洋文化圏では食事をより楽しくするものとして、重要な位置づけにあります。

      一般に、食前酒は、「食欲増進を目的として、アルコールのあまり高くないもの」が用いられ、

           食後酒は、「消化促進と疲労回復の目的から、アルコールが高めのものや甘味が強いもの」が用いられます。

 
食前酒は食欲増進と談笑のため  食後酒は消化促進と疲労回復のた  「生命の水」と呼ばれる蒸留酒のいろいろ
食前酒は食欲増進を目的としており、飲料としての条件は「@胃液の分泌を促す酸味や苦味を含むものAアルコールは比較的低めのもの」などが考えられます。 
食前酒として最も汎用性が高いのが辛口シャンパーニュで、そのまま食事に移行することもできるのが特徴です。
また、アルコールが苦手な方にはミモザやベリーニなどのカクテル、通向きにはシェリーなど辛口の酒精強化酒なども利用されます。
日本では省かれてしまうことが多いものの、西洋文化圏では食前酒の時に出席者との会話を充分に楽しむという習慣があります。

ちょっとおしゃれですね(笑)食事の西洋化が進んだ日本ですが、こんな習慣もたまにはマネてみたいものです。
※ミモザ=スパークリングワインにオレンジ果汁を混ぜたもの
※ベリーニ=スパークリングワインに桃の果汁を混ぜたもの
食後酒は「ディジェシティフ」と呼ばれ、胃を刺激して消化を促すことを目的とします。また、食事の疲労を回復する目的に甘めの飲料が頻繁に利用されます。
代表的な飲料としては、コニャックやカルヴァドスなどのオー・ド・ヴィーの他、ポルトなど甘口の酒精強化酒、甘口のシャンパーニュなどです。
食前酒と同様に会話を楽しむという目的もあることから、ダイニング・ルームからサロンやバーへ移動して楽しむこともあります。
蒸留酒は中世の頃、錬金術の発達によって生み出された飲料で、活力を与える飲み物として「オー・ドーヴィー(生命の水)」「スピリッツ(魂)」などと呼ばれます。
とにかくブドウを原料とするコニャックやアルマニャックなどのブランデーが有名ですが、ワインの醸造工程で発生する廃物を二次利用したマールやフィーヌもあります。(いわゆる粕取りブランデー)
また、フランス北西部のようにブドウが育たない地方では、リンゴや洋梨を原料とするカルヴァドスなどのフルーツ・ブランデーが盛んに造られます。
この他、これらのオー・ド・ヴィーに薬草を漬け込んだリキュールも数多くあります。

世界には、ほんとにたくさんのお酒が文化と歴史を伴って存在します。いろいろ試してみると楽しいです。
ふとした偶然からあなたの好みにドンピシャリなお酒を新発見する可能性は大きいのです!!
参考文献:  「ワインの基礎力70のステップ」美術出版社・石井文月著 / 利酒師テキスト / マクロビオティック関連書籍
  そばきり祥香「食事とお酒が出会う場所」 
利酒師の店主がオススメする日本酒   500円〜1500円  
   「おいしさ」と「安心」と「バランス」!!有意義な≪酒と肴≫をお楽しみ下さい。
●純米酒、醸造酒、大吟醸酒、吟醸酒
●甘口系〜辛口系
●淡麗系〜芳醇系
●軽快系〜辛口系
●清酒、にごり酒、どぶろく 
 
 
 日本酒品質鑑定士  利酒師  フード&ビバレッジ
ナビゲーター
 マクロビオティック
インストラクター
 南アルプス北側代表 南アルプス南側代表     八ヶ岳東麓代表  八ヶ岳南麓代表  八ヶ岳北西麓代表    祥香のおすすめ地酒 



       兵庫:「最高の山田錦を使用したお米由来の酒」
新潟:「お米の上手い酒」が有名

東北:きりっと引き締まった飲み口
など、信州・甲州とは違う魅力の地酒が多数あります。

店内のディスプレイに一升瓶を
展示してます。
ホントに大好評ですぐなくなります。
カウンター席のブラックボードに
本日の「おすすめ地酒」あります。
是非、ご覧ください。
「夜明け前」 
「甘味旨味空辛さの一体感がGOOD!」
●当店の開店からの定番酒●
 地元北杜市の地酒
「七賢」
山梨酩醸
 兄弟弟子に学んだ銘酒
「佐久の花」
信州佐久の花酒造
 地元北杜市のかくれ名酒
「青煌=せいこう=
宣伝しないで隠れて愛される酒
  信州諏訪の大本命
「宮坂醸造シリーズ」

“真澄”“みやさか”
 日本酒付好きのための
全国の「地酒」
本日のお楽しみシリーズ
 そばきり祥香「国境を超えて会話がはずむ場所」 
 焼酎       500円〜1000円 
●米、麦、蕎麦、芋、奄美黒糖、沖縄泡盛、大麦、トウモロコシなど
●白麹、黄麹、黒麹
●さっぱり系〜どっしり系
         
  酒匠・利酒師の方、蔵元巡りの旅などから選び抜いた焼酎をご紹介。
大勢なら、すきな銘柄をボトルキープもOKです。
すべての種類が揃っています、必ず好みのお酒が見つかるそばきり祥香のラインナップ。
圏内TOPクラスだと御好評いただいております。
焼酎作りに使う
本物の壺!
開店祝いに頂きました
 
 そばきり祥香「世代を超えて人が集う場所」
  ビール   500円〜680円 
  ●瓶ビール、生ビール(夏期限定)、小淵沢地ビール
  ●サントリー、アサヒ、キリン


 
 


  2011年度、サントリー様より「樽生達人ゴールドラベル」の認定を頂きました。
通常の「樽生達人」はたくさんいますが、当店の様な小さなお店が「ゴールドラベル」を頂けるとは
非常に光栄でした。別に変わった事をしていたわけでもなく、基本通りに清潔に
正しい手順で提供しただけなんですけど(笑)
そういえば、
樽生ビールに関して何回も抜き打ちのチェックは来ていたような?!記憶あり。
「プレミアムモルツって美味しいんだね」「ここの生ビールは美味しいね」
「いろんなところでプレミアムモルツを飲むけどここが一番おいしいよ」などたくさんの満足のお声を頂戴いたします。

おいしい生ビールを提供する為にはサントリーの川口さんの御指導も必要不可欠でありました。この場をかりてお礼を申し上げます。

是非、飲食店でビール飲むなら、生ビールか地ビールがオリジナリティーがあっていいかもしれませんね。

 樽生達人「ゴールドランク」認定書
全国でも少ない高品質生ビールが当店
の生ビール人気のポイントです。
八ヶ岳小淵沢でしか飲めない
こだわりから生まれた地ビール 

旅の想い出に地域限定ビールも面白い!!
 
  そばきり祥香「太陽と月と星の文化が一つになる場所」 
 梅酒(日本の代表的なリキュール)  650円 ●信州「真澄」…基本の定番
●個性派の本日の梅酒
(左から)
「真澄」…梅酒の基本中の基本という位置付けスタンダード版 
「上等梅酒」…ブランデー、はちみつなどを入れた甘味タイプ。食後酒に最適の梅酒。
「日本酒ベースの梅酒」…焼酎ベースが主流の中にあって貴重な日本酒ベース。アルコールも                軽めでまろやかタイプ。食前・食中酒向き。
「沖縄梅酒」…南国のまろやか感とスウィーティーさが魅力。食事も噛んだり飲んだりしゃべっ          たりと結構エネルギー使うのです。食後酒に向いている最後の満足感への
         お酒です。
   
 梅酒の効能について
ここをクリック⇒
 お口もお腹もさっぱりしてくれる梅酒      
 グラスワイン  750円〜2000円 ●白、赤
●甲州、信州ワインを中心に
ワインソムリエのそばきり祥香店長がオススメする「北杜市生まれ、山梨生まれのワイン」「和食に合わせたいワイン」をご紹介  
今、 北杜市のワインが面白い

@中央葡萄酒 北杜市明野町 ミサワワイナリー
  凝縮感のある「甲州」をテーマに、爽やかなが酸味とキレのある飲み口が魅力のワインを醸造している。 → ミサワワイナリーHPへ

A江井ヶ嶋酒造 山梨ワイナリー シャルマンワイン
  「目指せ追い越せフランスワイン」の道を行く他メーカーとは異なる個性的な地場ワインを醸造している。宣伝や販売促進活動はベタであるが根強いファンが多い!
  甲州、マスカットベリーAは、国内ワインコンクールでも受賞歴を持つ。穏やかな酸味と余韻に感じる甘さが和食との相性の良さを表現。
                                                                                 → シャルマンワインHPへ

Bリゾナーレ小淵沢だけで楽しめる ドメーヌ・イケノミエ
  「八ヶ岳らしいワイン」を追求する、若き女性ワインメーカーの繊細なワインに人気が高まっている。  → ドメーヌ・イケノミエHPへ
ワインリスト
ご覧下さい。
 
地元で採れたブドウを、
地元の人が醸している。
そんなワインで高品質な
ワインを、気軽な価格の
グラスワインから紹介してます。
●近年日本製のワインのレベルは金賞を何度も受賞するレベルまで発展しています。
●土壌改良や品種改良などの努力で、甘いだけの果物ブドウから醸造に適した「渋味」を引き出すものを栽培。

 今後、ますます楽しみなワインの分野です。
●店長自身修行時代、全国の天麩羅専門店を巡ったり、串揚げ専門店での勤務経験から揚げ物とワインとの相性相性の良さ
  には何度も感激した経験がありました。

●八ヶ岳で蕎麦店なんて営んでいますとワイン好きのご壮年の方、ワイン専門店のオーナーさんなども多数来店されます。
  専門店のオーナーさんからの御指導は「まずは、1瓶1000円前後の基本ワインをいろいろのんでみて違いを感じるところから」というものです。
 いろいろ飲んでると楽しくなってくるものです、今では冬の閑散期のワイナリー巡りが待ち遠しいものです。
●高級洋食レストランのイメージが強いワインですが、ヨーロッパではもっと気軽な毎日の一杯晩酌的な飲み物である側面も
  っているのが実際です。
●当店では、基本の天麩羅、予約で承る「串揚げ」「唐揚げ」などでワインをもっと気軽な存在にしていこうと考えております。
  そのため、グラスワインからお楽しみいただけるのが魅力となっております。
 スピリッツ(蒸留酒)  680円〜 ウィスキー、ブランデー
★シングルモルト、ブレンドモルトと是非2種類飲んでみてくださいね。
 シングルは、「混ぜない」ということ。
 ダシでたとえれば、「昆布だし」「かつおダシ」それぞれです。
 それぞれの美味しさが心地よい時があります。
 ブレンドすることで「j鰹昆布だし」「ラーメンの魚介豚骨ダブルスープ」
 みたいな「おいしさの相乗j効果」が生きた味わいを醸します。
★ウィスキーの魅力はその蒸留による「すっきり効果」にあります。
 濃いもの、油っこいもの、苦ーいもの(ここまでわかるとあなたは通です)
 と最高の相性です。他の種類ではない味わい方です。
≪ウィスキー≫  680円〜1200円 
          サントリー(シングル、ブレンデッド)、海外スコッチ
 ロック向き、水割り向きとかいろいろです。    
 リキュール(混生酒)  600円〜 ●信州カリメロ酒(かりん)、沖縄離リキュールなど遊び心満載で
   
     
 
            あなたは、「酒と肴スタイル派」それとも「食前/食中/食後酒スタイル派」?

 “ちょっと軽く一杯飲みたいな!それも気軽に安く、だけど美味しく!”お蕎麦屋さんはとっても気軽な“飲み処”です。

 「酒と肴スタイル」…お酒を飲みながらちょっとつまむ。だんだん気分も変わって飲みたいお酒もその日のコンディションでどんどん変わるのが常。
             ちょこちょこ食べたい肴を頼みながら好きなお酒も迷ってみる。私はこのスタイルが大好き。

 「食前/食中/食後酒スタイル」…コース料理、宴会、毎日の奥さんの作ってくれるごはんはメニューが決まっています。「今日は何を飲もうかな?」っていう飲み方です。

冬期限定の「本日のちょっと簡単小鉢で肴」◆
▲気軽に立ち寄って少しだけ気分でつまんでサラッと飲んで帰って風呂入って寝る!がそばきり祥香のお酒と肴スタイルの魅力です。▲
過去のちょこっと「肴」と「締めの一品」をご紹介。すべて300円〜750円程度で御注文。


 


 画像編集中  画像編集中
 イカとセロリのおつまみサラダ風  旬のお野菜の白和え  焼き海苔  ちょっとだけ漬物盛合せ  ふかし男爵のカリカリフライ

画像編集中
 

画像編集中
 画像編集中  画像編集中  画像編集中
蓮根チップ’S 牛蒡の薄揚げゆず胡椒風味 厚揚げの網焼きおろしポン酢 酒盗 De ヤッコ/湯豆腐 新じゃがこんがり素揚げ

画像編集中
 画像編集中  
 豚の角煮季節の青菜添え
赤ワイン仕立て
 ミニ天丼 鴨抜きスープ 返し漬け若鶏の焼き鶏南蛮
季節の青菜添え
若鶏の返し鳳凰卵とじ

画像編集中
 

画像編集中
   画像編集中  画像編集中
季節の野菜入り焼き味噌 マカロニポテトサラダ アラメと野菜の含め煮 冷しゃぶピリ辛ポン酢 ちょっとだけ串揚げ盛り

画像編集中
 

画像編集中
 画像編集中  画像編集中  画像編集中
一番ダシDEおでん アゴの干物網焼きマヨ 甲州風モモ&もつ煮 洋風半熟オムレツ 赤鶏のタタキわさび醤油

画像編集中
 

画像編集中
 画像編集中  画像編集中  画像編集中
若鶏ぼんじりの炭火焼 若鶏ヤゲン軟骨炭火焼 赤鶏の白レバーおろしポン酢 大葉巻き海老ふりゃあ コンニャク・蓮根・厚揚げの田楽風

画像編集中
 

画像編集中
 画像編集中
締めくくりのお食事SET ピリ辛コンニャクネギ味噌 若鶏やわらか焼き自家製山椒ソース 炙り鴨のアツアツおつまみ
マスタードソース
炙り若鶏の返し焼き煮〜白髪ネギ〜

画像編集中
 

画像編集中
 画像編集中  
鴨の陶板焼きマスタードソース 超粗挽き粉のそばがき
★日本酒と最高の相性です。
田舎大麦と粗挽き粉のそばがき
★吟醸酒とピッタリです。
とろとろネギ味噌お焦げ 苦〜い明日葉辛子醤油

画像編集中
 

画像編集中
 画像編集中  画像編集中  画像編集中
3種の網焼き焦し自家製田楽ソース
厚揚げ・コンニャク・ネギ
祐希江ママの歯ごたえポテトサラダ 山採り蕗(ふき)の煮びたし
★日本酒にピッタリ
ブロッコリーの自家製味噌マヨ風
マヨネーズ不使用です!!
豚そぼろとポテトのパン粉オーブン焼き
★白ワインにピッタリ



トップページへ戻る このページの先頭へ戻る